5月1日、日暮と、阪田と、杉本と釣りに行った。ことの発端は、年始のマセキ ユースの新年会で、無趣味の僕に「釣りしましょう」と日暮が誘ってくれたことだった。なんとなく楽しそうだし、ゆっくり出来そうだし、釣り…いいね👍と思ったので、ノリノリで約束した。…が、現実の釣りは、全くもって楽なものではなかった。
ちなみに釣りの前日は、牛女さんの春のキャンプに出演。キャンプの翌日に釣りとは僕もアウトドアになったものだとか軽口を叩く余裕も見せていたのはその日まで。当日、まさかの朝5時半起き。打ち上げまで参加した僕は、4時間も寝れずに、乗り過ごしたら8時間くらい待たなきゃいけないバスに乗る為急いで家を出る。
8時30分、雲ひとつない晴天の下、日暮の車で来た後輩3人と海にて合流。天気は良いし、アイスボックスやバケツなど様々な道具を揃えてくれて、それを見ただけでテンションが上がる。
ゴールデンウィーク真っ只中の海釣り場は家族連れや、若者、おじさんでギシギシになっていた。そして、9時を過ぎた頃、いよいよ待ちに待った釣りの時間。が、まず最初に待ち受けていた難関が餌の仕込みだ。イソメって知ってる⁇
ミミズみたいだけど、ミミズじゃない。ミミズより気持ち悪い、もうほぼワームで、それをまず手にとって針に刺すのだが、ただ刺せば良いわけじゃなくて、ワームが丸い口、といっても顔全体がもはや口なので顔がぐにゅっと出てきた時に針を食わせて、針を食ったら喉奥まで針を押し込んで深く刺して終わり…じゃない。そのあと、1匹まるまるだと長過ぎるから半分にちぎる。ここまでが餌の仕込み。と、簡単に説明を受けるがもちろん、こんなこと出来る筈がない。経験者の日暮と阪田は余裕でやっているが、僕と杉本はほぼ初心者だった。情け無いが本当にワームとか触れないのでこの日は1日餌の付け替えは日暮か阪田にやってもらうつもりだった。しかし、最初こそ付けてくれた2人も日中の真夏のような日差しと、釣り果の乏しさからか次第にイライラし始め「これが出来なきゃ釣り出来ませんよ」と突き放される。僕はごねた。精一杯にごねて、たまに、拗ねたりもした。それでも、餌をつけてくれないのでちょっと寝た。しばらく寝て起きた頃、杉本が素手でエサをつけれるようになっていた。
後輩3人がワームを手懐けていて、僕だけワームをつけられないんじゃメンツが立たない。頑張ってなんとかワームを克服し夕方には、躊躇なく針を食わせ押し込み半分に千切れるようになった。後輩達3人ともポツポツと魚を釣っている中、遂には最後まで僕は魚を釣れなかった。それでもワームを克服出来たことで僕は達成感でいっぱいになった。
結局、その日僕が釣ったのはサザエ2匹。釣ったというよりも針の先端に引っかかったという方が正しい。
釣りは、想像以上に過酷だった。ワームを取り付ける事によってすり減らす神経。焦げ付くような直射日光。12時ごろは、身も心もズタズタになった、が14時過ぎあたりからは日が弱まり、風もひんやりとして心地よく波の音が癒してくれた。ワームも覚悟を決めて素手で掴めば、何度か触るうちに慣れた。得られたものは勇気。失ったものは、生物への優しさ。先輩としての威厳。白かった肌、など。でも楽しかった。


そして閉園の17時に釣り場を出てご飯に行くことになった。何故か晩御飯は後輩3人の中でお好み焼きで合致していた。そして何故か僕もめちゃくちゃお好み焼きが食べたくなっていた。僕を横浜方向まで送る為に関内の近くの僕が唯一知ってるお好み焼き屋さんに日暮の車に乗っけて連れていってもらうことに。
お好み焼きはすっごく美味しかった。腹一杯食べて、店を出て、そこで別れても良かったのだが、横浜駅まで送ってくれるということだったので優しさに甘えて車に乗り、軽く息をついた直後、左後方からズコンという嫌な音が響いた。駐車場のすぐ近くの歩道のポールに左側の車体がめり込んだ。車は日暮の自家用車だった。その日、日暮のテンションがどれだけ上がっていたかはわからないが、この事故の後は、確実に0だった。なんとか元気を出してもらおうと日暮の良いところで山手線ゲームをしてみるが、どうしても3人で2周が限界で、傷口に塩を塗ってしまう。車内の空気に耐えられなくなった僕は、横浜近くで降ろしてもらい早々にお礼を言い、別れた。別れる直前、運転席の日暮は、やや半ギレの表情だった。道が狭くてややこしい繁華街を走ることになったのはお前のせいだとでも言いたげな顔だった。僕は、気づかないフリをした。ワームの苦しみに鈍感になれたように、日暮の憎しみにも鈍感を貫いた。

"歯が綺麗"

日暮の良いところが頭に浮かんで振り返った時には、車体をへこませた大型車の姿は、すでに消えていた。










今日は、おべんとばこさんの単独ライブ"おもてなし大作戦"のお手伝い。単独ライブは毎年、マセキ ユースから3〜4組のみ許される年1の一大イベント。今年は、1年間ライジングオレンジを盛り上げ続けた、おべんとばこさん、かが屋さん、サスペンダーズさんの3組。
AM10時、その3組に憧れと尊敬とほんの少しの悔しさを持って新宿シアターブラッツに入る。
舞台の設営に取り掛かった頃、オオハシさんが舞台上に現れる。緊張してるようにも眠たいようにも見える顔で「今日、よろしくな」と言われると、久しぶりにオオハシ節に触れられ、身が引き締まる気持ちと安堵の気持ちが同時にやってきた。しばらくして、中川さんも登場。冗談と呼ぶには品が良く、ボケと呼ぶほど押しつけがましくない絶妙な"ユーモア"で周囲は笑いに包まれている。
2人に会った時には、悔しさなど消えていた。とにかく2人の単独ライブに水を差す真似だけはしないようにと心に固く誓った。
思い返せばいついかなる時でも2人は優しかった。そして、面白かった。前のコンビで所属してた時から、話してて笑いを越えて幸せな気持ちになるのがおべんとばこの2人だった。最初にマセキ に入った時、人見知りと自信の無さによる、半ばやけくその"尖り"によってがんじがらめになっていた僕たちになんの躊躇もなく歩み寄ってくれた。
忘れられないのは前のコンビを解散した日、僕をさくら水産に連れて行ってくれて、今後の予定も未定であることを告げると「じゃあ、おべんとばこに入るか!」と2人で笑って誘ってくれた。自分でネタを考えていても自分の扱いに困る僕を。冗談でも、嬉しかった。何もなくなるわけではないことを教えてくれた。ライブの構成もこだわり抜いた中で、極力お手伝いに仕事が増えないように配慮されていて優しさの底は今も計り知れないでいる。それでもリハーサルでミスを連発してしまう無能な僕らを優しくフォローして頂き変に力が入り過ぎないムードで本番を迎えられた。ライブ中は仕事に集中していてネタをしっかりと見ることはできなかったけど劇場は終始、オオハシさんの大声とお客さんの笑い声が心地よく響き続けていた。
温まりきったエンディング、お手伝い紹介としてぼくたちフェーと、コルが一緒に出させていただいた。僅か10秒ほどの出演だったが、舞台上に上がったその瞬間、僕は今までに味わったことのない空気を吸った。見たことの無い景色をみた。ほんのり甘くて淡いピンク色だった。お客さんが笑っていて、僕も笑っていて、中川さんも、オオハシさんも、相方も、コルもみんな笑っていた。今までおべんとばこさんが積み上げてきたものが一瞬で、僕の中に染み込んできた。さくら水産で誘ってくれたあの日から約2年が過ぎ、僕は本当におべんとばこに入れてもらえたのだ。ひじきと大豆のあの甘いやつくらい要らないおかずである僕の満面の笑みは客席から観てめちゃくちゃ気色悪かっただろう、お客さんには大変申し訳ないがともあれとても貴重な経験をさせてもらった。
打ち上げは、公園だった。明日からも手伝いが続く僕たちへの粋な計らいだ。古風漂う昔ながらの公園はノスタルジーな気分を加速させ、僕たちは中学生の頃に戻ったように、馬鹿で、無粋で、値打ちのつかない笑いを飛び交わせた。
単独ライブ終わりの打ち上げなのに、1番下の後輩まで誰もが自然と好きな話が出来る空気にしてくれるおべんとばこの2人に、僕は最後まで最高のおもてなしを受けてしまっていたようだ。



✳︎ドリンクバー具志堅に「良い文章だった。」と褒めてもらえたので再掲致しました。

新年明けまして、おめでとうございます。フェーの田中です。ご無沙汰でした。ブログを読んでくれてる皆さんありがとうございます!もう少しで総閲覧数が1000に到達しそうです。嬉しい限りです。最近は、いろんな芸人の方から、「フェーの田中です」と挨拶に伺う度に「あぁ相方の顔、木田のツイッターで使われてますよね」と返ってきます。覚えてもらえてるということはとても有難いことなのですが、ちょっと複雑です。笑。その反動ってわけでもないですが、じゃない方になりつつある自分の悲しさを力に変えて出たR-1は一回戦で落ちて、大喜利千景では才能と経験の差をまざまざと見せつけられ、よわーい回答を連発させてしまいました。改めてコンビで頑張ろうと強く感じた年末年始になりました。
少し遡って12月24日、いぶきでは4位で残留出来ました。ありがとうございました!あと1票で同率2位になれたのですが力及ばず…
そのあとは、ボーイミーツガール3でした。いぶきと同じネタが嘘みたいにウケず。難しい…
1月6日はベストエンタ。錚々たる出演者の中で明らかにぼくたちが浮いていて、最初にご依頼の話を聞いた時には、なんで呼ばれたんだろうとビックリしました。中には、主催の方に「なんでフェーなんですか?」と詰めた芸人さんもいたみたいで。そこまでしなくていいだろ。ありがたくて嬉しい気持ち反面、不思議な気持ちで出演したのですが、給料の封筒の裏に"今1番コンビ名が気になっているコンビとして呼びました"と記されていました。フェーにして良かったと初めて思いました。面白い理由じゃなくてごめんなさい。本当にビックリですがありがたいことにギリギリで残留出来たみたいなので、また頑張りたいと思います。なんとか今後も必死こいていつしか残留の鬼と化せるよう、ライブシーンのゴキブリと呼ばれるように粘っこく頑張ります。観に来てくれた皆さんありがとうございます!
中MCですっきりソングさんに引っ張って頂いて、楽屋でも褒めてもらって神様かと思いました。正直、初対面で後輩でやりにくかったと思いますが本当に助かりました。もっと自発的に笑いが取れるようにならないといけないし、こんな風に引っ張っていけるようになりたいなと思いました。無理ですが。
1月7日は、イッペー寄席でした。メンバーは、ほぼフェルメール絵画代金完済ライブと一緒でした。楽しく出来ました。ありがとうございました。
1月8日は暮しの手帖1ページ目でした。久しぶりのネタをやりました。ブティックさんとブティックさんの新しい相方の中地さんがお互い敬語でお互いの敬語が早く取れればいいなぁと思いました。
1月9日は事務所ライブ、ジャンピングイエローでした。ダメだ、本当にダメ。1番肝心な事務所ライブが振るわない。頑張るしかないので、頑張ります。

またつまらんブログを書いてしまいすみません。去年のパンキッシュアワードでは、真面目な芸人として表彰されました。実は、たいして真面目でもないんですけど、要はつまらないと言われてると受け止め、今年はもっともっと恥かいてがむしゃらにやっていきたいと思います。とりあえずこの分厚い殻を破ってしっかりとスベることから始めたいとと思います。平場の話です。

そして、今年はとにかく誠実に生きようと決めました。ちょっとでも誠実ではないと思ったらガンガンご指摘ください。


改めまして、去年、1年間、僕らで笑ってくれた方々、ライブに来てくれた皆さん、本当にありがとうございました!

今年はもっともっと頑張っていきますのでどうか応援よろしくお願いします!

フェー        田中亮





↑このページのトップヘ