今日は、パンキッシュ最後の挨拶ライラックブルーでした!

挨拶の後、ライブも見学させてもらえて大変勉強になりました。1番ビックリだったのは、マセキの大先輩ウッチャンナンチャンの内村さんが出演されました。内村さんに憧れてマセキに入ったのでバティオス劇場で生のネタをみれて夢を見てるようでした。ネタが終わって暗転した後、スタンダップコーギー三森さんが、すげえなあ…と呟きました。僕は、すごいですねぇと返しました。この感情は、忠実に言葉に出来ないというか、したくないというか、とにかくすごかったんです。

その後、スタンダップコーギー三森さんとサザ〜んず日暮とラーメンに行きました。遊戯王カードの話で盛り上がりました。日暮は、喫煙者だったのにタバコのHOPEを知らなくて、HOPEは安くて220円だから金無い喫煙者にとっての最後の希望だよ。って言ったらポカンとしててHOPEが希望って意味だということも知らなくて、もういいやってなりました。

10月後半は、24日にびーちぶコントバトルというライブに出させて貰えるみたいです。噂のびーちぶに突撃して来ます。28日はひるまによんに初めて出させて頂きます。ライブに呼んで頂けることが少しずつですが増えて来ました。ありがとうございます。期待に応えられるように頑張ります。そして、実はフェーはお客さんを呼べるコンビなんだと思って貰えるように是非とも取り置きお待ちしてます。頑張って笑わせますんで。

昨日はジャンピングイエローでした!沢山のお客さんの前でネタが出来て最高でした!


とはいえまた、上品とは言い難いコントをやってしまいました。田中、篠原共に見てくれも生き様も上品とは言い難いので致し方無いのですが、もしも外見だけでも品があれば生き様に嘘ついてでも上品なコントをやりたいものでしたがこればかりは仕方ないのです。外見には嘘をつけないのです。イケメンにあるいは雰囲気イケメンに生まれた人は僕たちなど気にせずにオシャレなコントをバンバンやってください。思う存分に私服で板に付いて何気ない会話からスタートして女を巡ってぶつかって急に怖い展開で落としてください。それが出来る星に生まれてなにをしゃべくり漫才することがありますか。ブスとバカほど東大に行き、イケメンと雰囲気イケメンほどコントをやるべきなんです。


話は変わりまして、今月はパンキッシュ期間中、新宿に通い先輩方へ挨拶させて頂いてます。場当たり後に舞台からコンビ名と個人名を紹介して挨拶するという1分くらいの軽いものですが、相方の篠原さんは毎度自己紹介する度に笑いが起こります。名前がルイだからです。塁と書いてルイ。あまりに顔と反してるからウケるそうです。生まれる前から付けられた名前だったなら生まれた瞬間にボケてるのです。自分の名前を言って「誰が言ってんだよ」とツッコまれるのを見た時には思わず身ぶるいしました。理不尽ですが間違いではないのです。顔がルイじゃないのだから。それでも篠原さんは笑われても塁という名前を誇らしく思ってます。僕も良い名前だと思います、塁。考え抜かれたような名前で親御さんの想いが伝わってきます。皮肉にも音の響きからは顔がかけ離れていってしまっただけでその名前の真の由来に沿った人生を送っていって欲しいですね。どんな由来かは難しくて忘れましたが。


キングオブコントが終わりました。実は1度、キングオブコントについての記事を書き上げて更新したのですが次の日読み返してあまりに気持ち悪かったので消してしまいました。あまり、気持ちを込め過ぎず今回は淡々と書きたいと思います。

僕らは今年、準々決勝で敗退しました。正直、万々歳です。お笑いで売れたいと思ってる芸人が仮にも準々決勝で万々歳ですなんて言ってはいけないことであるのは重々承知してるのですが、昨日、打ち上げですぐ装うから誰からも愛されないんだよと、なんかさらっと絶望的なことを言われたばかりなのでありのままで語らせて頂くと今年は、万々歳なのです。
というのも、キングオブコントの1回戦今までに3回別々のコンビで受けてきましたが1度も受かったことはありませんでした。そして、毎年、テレビで観る決勝のコントが革命的過ぎて何かもう心のどこかでずっと別の世界なのだと決めつけてしまっていました。それゆえに今年も全然標準を合わせるようなことはなくとりあえずその時期が来たから受ける程度の気持ちでした。今思えば、勝手に別世界だと決めつけることを無意識でやってたことを恐ろしく感じます。案の定、1度落ちて、再エントリーを送ったもののキングオブコントの1回戦通るイメージは全く持ててませんでした。そのまま迎えた再エントリーの1回戦、自信があるネタではありましたが、結局、自分なんて井の中の蛙。今までやってきた会場とはまるで違う人間が集まった空気の中で、きっと誰にも伝わらないだろうと半ばやけくそ気味の気持ちで臨みました。しかし、有難いことにふつふつと笑いが起こり始めました。終わった時には、あれ?行ったかもと思えるくらいの感触が残りました。その後、バイト先の居酒屋で1回戦突破の結果画面を見た時には今までにない興奮が押し寄せました。夢に見たキングオブコントと繋がれた興奮でキッチンからホールを何も持たずに何往復もしました。当たり前のことですが、ウケたら通るんだなということと何処でも笑ってもらえて自分でも自信があるネタはキングオブコントでもウケるんだなと実感しました。

そんな、カスみたいな気持ちで臨んだ今大会で、準々決勝まで行けたことは奇跡でした。欲を言えば、準々決勝でウケたかったです。来年頑張ります。

決勝は中学以来の今は立派な社会人の友達とテレビで見ました。順位予想とか勝手に点数つけたりと、今までやったこと無いはしゃぎっぷりで楽しみました。ずっと面白かったのですが準々決勝で同じブロックで同じフリーで軽く意識してたにゃんこスターのネタを初めてちゃんと観てぎゃーって笑って、一位になってぎゃーって笑って、2本目同じネタでぎゃーって笑って、あぁこれは敵わないと、何処までも行っちゃえと思ってたらオールスター感謝祭出ててぎゃーって笑って、更には昨日ツイッターで見た記事によれば実は2人付き合ってるらしいじゃないですか笑……


???


???





華なしボンバーズ…来年、マジで頑張ります。

ご無沙汰しています。報告遅くなりました!

この度、我々、フェーはマセキユースに所属させていただけることになりました!!!!

これから更に飛躍していけるように頑張りますので応援よろしくお願いします!


先日、初対面のクロコップさんから「華なしボンバーズ」と命名されましたが爆発していけるように頑張ります!!!

↑このページのトップヘ